2008年06月24日

サプリメントを飲む

サプリメントをはじめて飲みました。若い頃は健康に自信があって薬もあまり飲まずにすんでたんですが、最近はどうも疲れやすくて……。薬剤師の友だちに相談したら、サプリメントをすすめられました。 「どうしてサプリメントなの?」って私は思わず聞いちゃいました。だって、薬剤師の彼女が薬ではなくサプリメントをすすめるのが意外な気がしたから。 「現代人は加工品を多く食べてるせいで、高カロリー高脂質の食生活になりがち。栄養バランスが悪くて、必須栄養素のミネラルやビタミンが足りてないのよね。足りない分だけ補おうと思ったら、サプリメントを飲むのがいちばんなのよ」



勘違いしがちだけど、サプリメントは医薬品ではないんですよね。栄養補助食品、つまり、足りない栄養素を補助するための食品という位置づけです。 サプリメントは、たくさん飲むと効きそうな気がしちゃうけど、飲みすぎは禁物。たとえば、脂溶性のビタミンAやD。とりすぎても尿と一緒に排出される水溶性のビタミンBやCと違って、体内に蓄積されて副作用を引き起こす可能性もあるそうなので、気をつけないといけません。 「これさえ飲めば大丈夫」なんてサプリメントを安易に信用しすぎてもだめ。サプリメントはあくまで「補う」ためだけの食品なんですから。


普段、できるだけ栄養バランスの良いものをしっかり食べるために努力するのが大前提。足りない時だけサプリメントで補うようにしたいですね。 それと、サプリメントを買う時は、専門家にきちんと相談するべきだと思います。用法や用量を誤ると、大変なことにもなりかねませんからね。 サプリメントは食生活の保険。これからも、主婦として食生活には十分気を遣うようにしたいと思います。

posted by コメ at 17:49| エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。