2008年07月05日

整形とは

整形に関してアンケートをすると、ほとんどの女性が自分の身体でお腹や顔など整形したい部分がある、と答えます。もし、経済的、時間的に問題が解決できるならば試したい、という女性が多いようです。 現在では「プチ整形」や「アンチエイジング」という言い方で、整形手術への抵抗は少なくなっているのではないでしょうか。 実際、整形は何処までやれるのでしょうか? 整形の種類にはどのようなものがあるのでしょうか?



同じアジアのお隣韓国では、整形大国と称され、娘の入学の祝いに整形をプレゼントすると言う親もいるほどに、整形に関してオープンです。男性でも二重まぶたの手術をする人は増えているようですよ。 しかし、このように整形が手軽になると金儲けのために無免許で手術を行うものも出てくるため、整形失敗による顔面崩壊を引き起こされた「扇風機おばさん」のような例も表立ってきました。 整形への抵抗も薄れてきた日本でも、やはりメスを使うのには抵抗があるようで、メスを使用しない「プチ整形」は人気です。


現代医学を持ってすれば、これまで諦める対象でしかなかった「背を伸ばす」「ハゲを治す」という整形も、骨を断って間にジョイントを付けることで背を伸ばしたり、毛根を移植することでその部分の毛を生やす、という整形方法で、カツラやシークレットシューズに頼らずに解決することができるようになりました。 どうにも止められない老化現象であっても、顔の目立たない部分を切ってリフトアップする方法や、最近ではよく知られるようになったコラーゲンやボトックス注射をする「プチ整形」で、老化の進行を遅らせることができるようになりました。 自分の気にしていた部分を整形することで自信が持て、その後の人生を前向きに進んで行くというクオリティ・オブ・ライフという面で整形を捉えると、プチ整形が市民に浸透したように、これからも美容整形はどんどん進化し、人々に受け入れられるようになっていくかもしれませんね。



[PR] たこ釣りについて
posted by コメ at 15:46| エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。