2008年07月11日

埋没法とは

埋没法は二重まぶたの代表的施術方法とはいえさまざまな手法がある中、美容外科によって得意とする手法や抜糸方法が異なるため、医者選びにはこの点をよく吟味する必要があります。 まぶた皮下で皮膚と瞼板または眼瞼挙筋を体内に吸収されない医療用糸を使い、数ヶ所留めることによって二重ラインを作る施術方法を埋没法と呼びます。 埋没法において希望の二重ラインの微調節は糸の通し方や留める箇所数によってなされるので、施術前の医師とのカウンセリングが大変重要となります。



埋没法において、決定的なデメリットは一重に戻ってしまう可能性があるということで、これはどんなに糸の留め方や掛け方を工夫したとしても結び目は緩むものであるからです。 埋没法において成功の鍵は皮膚の癒着であり、これが糸の緩む前になされ二重ラインの癖が付いていればよいのですが、付いていない場合一重に戻ってしまうことになります。 埋没法の弊害も見逃すことができず、糸の結び目によって眼球が傷つけられたり、糸を強く結びすぎてまぶたに負担をかけてしまうことなどが挙げられます。


埋没法が及ぼす健康への弊害を含むデメリットを熟知せず、単に短時間、低料金であこがれの二重まぶたになれるというだけで施術を決断することは大変危険です。 いろいろな手法がある埋没法であるゆえ、自分の目とまぶたに適した手法を施してくれる美容外科を探すことは重要なことであります。 いずれにせよ、自分の納得のいくまで美容外科選びは慎重に行い、自分に合った埋没法の手法であこがれの二重まぶたを手に入れたいものです。



[PR] たこ釣りについて
posted by コメ at 15:50| エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。